So-net無料ブログ作成

出国 [South Korea (釜山)]

20050818.jpg

9月2日;

結局、夜になってカジノに出直し、ラケット代ゲット。
深夜になって部屋に戻ったきたので、 チェックアウトギリギリまで、寝まくった。
灼熱の中、エアコンの効いたホテルでの朝寝は快感。

チェックアウトを済ませ、荷物をベル・キャプテンに預ける。
近隣の市場に土産の買出しに出向いてみる。

野菜、肉、魚介類、生花、雑貨、日用品・・・
市場に並んでいるものを眺めて、歩いているだけでも楽しい。
店のおばはんも眺めていると楽しい、そちらはもちろん売り物じゃないけど。
持っている小銭も使い切りたくて、ズブスブと市場の奥底へ。

楽しみながら歩き回っていたら、帰国の船の時間が迫ってきていた。
灼熱の中、慌てて、ホテルへ戻る顛末。

20050817.jpg
楽天トラベル 海外航空券予約

手元には『港湾使用料』と『帰りの地下鉄代』以外に、数百円分のウォンが残っていた。
だが地下鉄までの道のりを同じ猛暑の中、歩いていくのがメンドウになり、
ベル・キャプテンに張り付いていたタクシー・ドライバーに声をかけてみた。

「釜山港までいくら? 3000wしかもってないんだけど(事実)」
ダメモトで聞いてみる。

「港までは5000wぐらいかかるよ、その金額じゃムリだよ」

「(やっぱムリか)コレしか有り金ないから、地下鉄にするわあ」

「ああ、お金がないならそれがいいね」
英語と韓国語のヤリトリでなんとかハナシは通じたが、
ダメモトはやはりダメなのね、とあきらめ、地下鉄の駅へ歩みを進めた。

その背中に、声がかかる。

「おーい、コイツが行くってよ」

さっき話しをしたタクシー・ドライバーが大声で呼ぶ。
ホテル前にたまっていた仲間のタクシーを指差している。

「コイツが行くってさ」

「釜山港だよ? 帰国するからホントにウォンはないんだ、ほら、3000wだけ・・・」
と、正直にポケットに残っていた有り金を全部さらして見せた。

「いいよ、それで」

「OK、じゃあこれで釜山港、頼むね」
3000wと残っていた小銭もすべてドライバーの手に乗せた。

「ドコの港?」

「釜山港!! わからないの?おーい、だれか~通訳してくれ~!」
窓越しに声をかけると、仲間が笑いながら説明する。

「船の時間が迫ってるんだ、カンベンしてよ~」
日本語でボヤいてみせると、仲間の運転手たちは笑っている。
行く先を確認し、タクシーは走り出した。

ダイジョウブか、このドライバー?

クルマは15分ほどで港に到着、運転手は回っていたメーターを指す。

「メーターじゃW4300かかるんだぜ、うそじゃないだろ」

「アリガト、アリガト、感謝、感謝」

笑いながら、クルマを降りると、船が出る45分前だった。

20050819.jpg

チェックイン・カウンターに行くと窓口は人でゴッタ返していた。
手続き、間に合うの?

自分が乗る便名を告げると、誰かが前を空けてくれた。

「あなた先にチェックインしなさいよ」
流暢な日本語。どうやらグループの手配をしているガイドのご様子。

「わたしの便は一時間以上後だから、ダイジョウブ。お先にどうぞ」
お言葉に甘え、前に進み、チェック・インを済ませ、ゲートに向かった。

気づけば、船が出る30分前。

冷静に考えたら、地下鉄だと間に合ったのかどうかアヤシイところだ。
のんきに市場を散策している場合じゃなかったのね。

ドライバーさんにもガイドさんにも助けられたのかな、釜山のやさしさに感謝。
ドタバタの出国で、一件落着。


アンニョンヒ ガセヨ、ブサンヨ。


写真1; キムチが並ぶ屋台。普通のものから水キムチまでバリエーションはさすが。
写真2; 市場の風景。海産物は二階へ持っていけばその場で調理もしてくれる。
写真3; 船窓からの釜山。サラバです。


BS blog Ranking


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0